885090
学習院観世会OB会掲示板
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

今井瓢月会 投稿者:石原 明彦 投稿日:2011/11/20(Sun) 06:37 No.490   
11月19日の今井瓢月会に行ってまいりました。
現在、現役を指導していただいている今井泰介先生には、多くのOB・OGが社中に加入しております。
そのこともあり、特に今年の今井瓢月会大会は出演者の半数が学習院の同窓の方々で占められ、応援のOB・OGの人数も多く、朝から最後まで鑑賞させていただき、皆様の奮闘に声援を送らせていただきました。
ただ、学習院観世会は多様性に特色があり、過去・現在のOB・OGが師事する先生方は、私の知る限り師範の藤波重和師をはじめ以下の諸師がおられ、多岐に亘っておられます。
山階 弥次師
藤波 重彦師
勝海 登師
吉田 潔司師
小早川 修師
川原 恵三師
下平 克宏師
武田 邦弘師
関根 祥六師
永島 忠侈師
井上 嘉久師
観世 芳伸師
坂井 音重師
浅井 文義師
この自由な多様性は他校にはない、いい意味での特色ですね。

観正会野お知らせ 投稿者:石原 明彦 投稿日:2011/10/24(Mon) 18:54 No.481   
11月13日、矢来能楽堂で稽古会としてこの秋の観正会が開催され、中島政子さんが仕舞、楊貴妃を舞われます。
観正会は11時開演、素謡五番、狂言一番、仕舞十一番後の出演です。
おそらく14時前後ですが少し早めに来場ください。

Re: 観正会のお知らせ - 石原 明彦 2011/11/14(Mon) 06:48 No.488
観正会に行ってまいりました。
見所には7名のOB/OGがおられました。
中島さんの楊貴妃は能の三婦人に値する気品ある舞でした。
他に珍しい演目が二つありました。
型付け集にはない、景清、しころひきの場面です、所作は少ないが、かっこいい・・
もうひとつは、能舞で羽衣。シテは装束。鬘、冠は身に着けますが面は着けない、囃子もなし、従い謡は素謡、という形式。当日、地は社中のお素人のみで、しかも全員が舞台の上り務めました。


Re: 観正会野お知らせ - 石原 明彦 2011/11/15(Tue) 17:19 No.489
型付けに載っていない景清、しころひきの箇所は仕舞の習物だそうです。
知りませんでした。


大学祭 投稿者:石原 明彦 投稿日:2011/11/05(Sat) 16:40 No.486   
11月4日の大学祭で能楽研究会との合同舞台を見てきました。
さすがに11月夜18時半を過ぎて始まると少し足元が寒かった。来年来られる方は防寒のご用意を忘れぬことをお勧めします。
仕舞四番のできはよかったです。
じゃがバターも賞味しました。
久方のぶりの大学は校舎も教室も立派になりました。
そんな発見もできる機会です、来年は皆様どーぞ

御礼 投稿者:海老根康洋 投稿日:2011/11/03(Thu) 16:16 No.485   
先日の濤詠会の折は、多くのOB・OGの皆様にお越し頂き、誠に有難うございました。
今年は震災、台風等様々な事がありましたが、こうして健康で舞台に立てること自体に感謝しなければならないと思っております。
遅ればせながら、応援頂きました事に改めて、出演OB一同より御礼申し上げます。

櫻諷会OB番組出演者募集の件 投稿者:永江明彦 投稿日:2011/10/26(Wed) 09:14 No.482   
12月25日矢来能楽堂の櫻諷会のOB出演者を募集します。
仕舞は小張さんにまとめをお願いしていますので、出演希望者は小張さんにご連絡下さい。
謡は男女に分ける予定です。女性はやはり小張さんに、男性は永江にご連絡下さい。この曲でシテ又は地頭を希望という形でご要請下さい。持ち時間は6月の舞台より短いと思いますので省略箇所ありと思って下さい。
概ね11月11日までに曲目を決めたいと考えています。
宜しくお願い致します。

Re: 櫻諷会OB番組出演者募集の件 - 永江明彦 2011/11/01(Tue) 18:56 No.484
締切日は現役と相談により11月18日とします。

大学祭のお知らせ 投稿者:菊地奏 投稿日:2011/10/27(Thu) 10:30 No.483   
 いつもお世話になっております。現役委員長の菊地奏でございます。たいへん遅ればせながら、大学祭のご案内をさせて頂きます。

 >学習院大学大学祭<
11月4日(金)〜6日(日)の3日間
今年はじゃがバターの出店をいたします。また、能楽研究会の薪能に参加させていただきます。 

【薪能】
日時:11月4日(金)の18時20分より
場所:南2号館前(屋外ステージ)
演目:嵐山・胡蝶・東北クセ・野守
※雨天中止です。何卒ご了承ください。

【じゃがバター】
出店場所:北1号館と西5号館の間のスペース
店名:「芋弁慶」
値段:1つ200〜250円で販売
※当日お越しいただきましたOB・OGの皆様には、じゃがバターを半額で販売させていただきます。

 大学祭が近づいてくると、いよいよ今年も終わりに近づいていることを実感いたします。寒い日が多くなってまいりましたので、皆様くれぐれも体調を崩さぬようお過ごしください。当日ご都合の宜しい方は、ぜひ大学祭へ足をお運びいただけますと幸いです。部員一同心よりお待ち申し上げます。 


 

鵜沢瑞希さんの論文 投稿者:兼田忠昌 投稿日:2011/10/24(Mon) 18:22 No.480   
第55回生OG鵜沢さんの論文が月刊観世11月号に掲載されています。特別企画観世文庫創立20周年記念、世阿弥自筆本の能「難波梅」の稚児舞ー世阿弥の稚児役者論から位置づけーです。ご一読をお薦めいたします。彼女は現在東京大学大学院総合文化研究科博士課程在学中です。

10月野3連休中の松濤 投稿者:石原 明彦 投稿日:2011/10/12(Wed) 13:05 No.477   
10月の連休に松濤に通いました、8日の涛耀会の佐藤昌宏さん、9日の閑祥会の和田さん、10日の修聲会の横山さんの出演を拝聴するためです。

佐藤さんは三菱倉庫のOBの8人のお仲間と「杜若」、熟練達者の面々でハイレベルの連吟でした。

和田さんは「鵜乃段」、練りに練った緩急の演出で朗々の独吟でした。名古屋のお孫さんの仕舞「おいまつ」もありました。

横山さんは素謡、「松風」のシテ、学生時代に習得された基本を熟成された素晴らしい謡でした。地元の謡会のお世話もされておられる由でお忙しい日々を送られておられます。

それにしても皆様はご熱心にお稽古をされておられます。
報告まで。

処女作「小面」 投稿者:竹内重隆 投稿日:2011/09/27(Tue) 15:27 No.475   
曽根原(39年卒)、竹内(44年卒)、吉田(46年卒)の3名は、年明けから面打ちに挑戦してきた。

9月26日、三つの小面が、ほぼ同時に完成した。
魂を打ちこむことから「面を打つ」というが、削ったり、彫ったりすることだけで精一杯の半年であった。

「出番なき面」であるが、処女作だけに面袋も作り、静かに眠らせ大事にしたい。

二作目は「翁」に臨む。

尚、面が完成するまでのドキュメンタリーDVDを制作中である。ご希望の方は竹内までご連絡ください。

秋の閑祥会に和田さんのお孫さん 投稿者:永江明彦 投稿日:2011/09/27(Tue) 09:01 No.474   
来る10月9日 和田ご夫妻のお孫さんが初舞台を踏みます。仕舞「おいまつ」たまだようた君です。10時過ぎの出演予定。勿論じい様の和田さんも過日ご案内の独吟「鵜之段」3時頃の出演予定です。応援宜しくお願いします。
会場 松涛観世会館 

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -